三光建設株式会社で⼀緒に働きませんか?
建設業界に興味のある⽅をお待ちしています!

採用メッセージ

やる気のある真面目な方を、三光建設は歓迎します!

弊社ではベテラン作業員さんが頑張ってくれています。ここに想いと技術を受け継ぐ若い方が入ってほしい。そういう気持ちがあります。

作業員だけではありません。三光建設の仕事ができる範囲を広げるためにも、作業員、現場監督、共に門戸を開き、多くの方に入社していただきたいと考えます。

先輩方に付いて仕事を覚えたら、自分で現場を取り仕切れるようになってもらうこと。そのためには積極的に勉強し、責任を持って行動しなければいけません。

入社後しばらくは先輩に付いて基本を学ぶ訳ですが、人によってその期間はそれぞれ。研修期間として、じっくりと仕事を覚えていただきたい。最初から現場監督を任される人間はいません。作業員として現場業務を身に付け、弊社のやり方を充分に覚えて現場監督を任されるのです。

着実にステップアップしていきたいというやる気のある方を、三光建設は心よりお待ちしています。

三光建設を支え続ける先輩社員より未来の仲間へメッセージ

専務取締役:輪湖 紀夫

建設業の仕事と、ものづくりが好きな人に入社していただきたいです。ものづくりに興味のある方であれば、何事に対しても自然と覚えていくはず。

三光建設は、自分たちで考えて行動を促す会社です。自主性を尊重することで各社員のモチベーションもアップします。入社後は「お客様に喜ばれることを目指す」仕事を積み重ねてほしいです。

常務取締役:児林 玉木

前向きな方が望ましいです。どの職種でもそうですが、特に三光建設ではポジティブ思考でないと難しいと思います。体力も必要ですし、チームワークも大切です。

最初はわからないことばかりでも、真面目に取り組んでいけば、必ず仕事は覚えられます。前向きな方であれば覚えも早いはずです。そういう方をお待ちしています。

工事所長:前倉 信行

若い方に入社してもらいたいです。若くて馬力があり、やる気のある方に入社してほしいと考えます。ただ与えられた作業をこなすのではなく、自分から仕事を覚えようとするタイプが理想的です。どんどん質問してくる人が三光建設には向いています。

面倒見が良い先輩ばかりで働きやすい職場ですから、ぜひ積極的に応募していただきたいです。

工事所長:坂本 隆明

人に言われる前に、まずは自分で考えられる方が、三光建設に向いている人材だと思います。ただ言われるがままに動くだけでは、新しい仕事を覚えるのも難しいでしょう。

自ら考える人であれば、先輩の指示に対する理解も深いでしょうし、成長も早いはずです。そういう自主性を持つ方に入社していただけたら嬉しいです。

募集要項

職種 現場管理者アシスタントおよび現場作業スタッフ
業務内容 工事現場において、現場管理者や先輩スタッフの重機や計測のアシスタントなど、簡単な作業からお願いします。
勤務地 茨城県鹿行地域
勤務時間 8:00~17:00
休日・休暇 日曜日/隔週土曜日/祝日/年末年始休暇/夏季休暇/GW/有給休暇/慶弔休暇
必要な資格 普通自動車免許証(AT限定不可)
※入社後でも取得可
給与 経験者の方は、現在の経験・能力に、応相談
諸手当 通勤手当・家族手当・資格手当他
昇給 あり
保険 各種社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
福利厚生/待遇 作業着支給、資格取得支援他

採用に関することはお気軽にお問い合わせください

0299-82-8636

〒314-0012
茨城県鹿嶋市平井1350番地

よくあるご質問

不安や質問があれば、お気軽にお問い合わせください!
三光建設は、やる気があって真面目な方をお待ちしています!!

土木業務は未経験ですが、応募しても大丈夫でしょうか?
経験者・未経験者は問いません。やる気のある方であれば、仕事そのものも、弊社流のやり方も覚えられるはずです。ぜひ積極的にアプローチしてください。
採用にあたり重視するのは、どのような点ですか?
第一は、真面目であるということ。現場での仕事を任せた時に、しっかり取り組んでくれる人材を希望します。そういう方であれば、三光建設の雰囲気にも馴染めるはずです。
どのような業務ですか?
公共と民間の土木工事が主な仕事になります。現場での作業員、および現場監督の業務をお願いすることになります。仕事をしっかり覚えてからは、本人の希望などを考慮して、現場監督をお任せするという形になります。
社員に対し、現場で気にかけている点は何でしょうか?
現場仕事で、季節や天候により、暑い・寒いなど厳しい時があるので、社員の健康状態は、常に注視しています。体調面や精神面で「いつもの良い状態と違う」。そう感じたら、話を聞いたり、その日に休む判断をしたりします。やはり本人では「休む」と言いづらい場合もあるでしょうから。
入社して、まず仕事はどのように覚えるでしょうか?
先輩社員に付いて、まずは仕事の基本を覚えてもらいます。先輩の指導のもと、一つひとつを習得していただき、やがて自らが判断して仕事に取り組める人材へ成長してほしいです。